将軍のお座敷遊戯ブログ

人狼の戦術論、ボードゲームのレビューやプレイ記、その他趣味のことや下らないことまで思いつくままに書いていくブログです。 Twitter アカウント: @ino_1ban

【ボドゲ紹介】 ジャイプル[Jaipur] ~ラクダが行き交う2人用商売ゲーム~

将軍のお座敷遊戯ブログをご覧いただきありがとうございます。

今までは人狼に関する記事のみでしたが、早くもネタが尽きている感があるので人狼と同じくらい好きであるボドゲの紹介、レビュー記事にも取り組みたいと思います。

人狼と違ってこちらはゆるふわな雰囲気でお送りします。

 

記念すべき第1回はこちら

6月に日本語版がホビージャパンよりリリースされました

f:id:ino1ban23:20160628232217j:plain

「Jaipur(ジャイプル)」です。

BGGでも評価が高い2人用ゲームで、ランキングでも100位以内に入っています。

ジャイプルとはインドの都市の名前で、このゲームでは商品を効率よく売って勝利点を稼ぎ、2ラウンド先取で勝者が決まる、という内容です。

 

カードは全部で7種類

f:id:ino1ban23:20160627173350j:plain

商品カードは右に行くほど高価なもので、売った時の旨みが大きいです。

ラクダカードは商品との交換に使うリソースになります。手札の上限である7枚には縛られず、手元に置いておくので所持数は公開情報となります。

 

f:id:ino1ban23:20160628232335j:plain

最初に場のカードを5枚(うちラクダは3枚)を配置し、プレイヤーに手札を5枚ずつ配ります。
もしラクダがあれば手元に置いておきます。

手番にできるアクションは以下の4つです。

① 場から商品カードを1枚取る
② 場の商品カードを手札かラクダ、もしくはその組み合わせで交換し手札に加える
③ 場のラクダを全て取り手元に置く
④ 商品を売りその数の対応する勝利点チップを獲得する

 

① 場から商品カードを1枚取る

f:id:ino1ban23:20160628233610j:plain

ただ手札に加えるだけ。リソースが無くてもできる行動ですが1枚しか増えないので効率は良くないです。
山札から補充されるのが1枚だけなので、次の手番に相手がうまみを得られるリスクは小さめです。

② 場の商品カードを手札かラクダ、もしくはその組み合わせで交換し手札に加える

f:id:ino1ban23:20160628233211j:plain

複数選択が可能。手札から払えば欲しいもので揃えることができますし、ラクダを払えば手札の枚数が増えることになります。その際は、手札の枚数が常に7枚にしなければならない、という縛りがあるかります。これがいい感じにジレンマの要因になってます。

③ 場のラクダを全て取り手元に置く

f:id:ino1ban23:20160628233303j:plain

最大で5枚のラクダが手に入れられるので、一気にリソースを増やすことができます。

しかし、取った分山札からカードが場に補充されますので、次の一手で相手にいいカードを取られてしまうリスクがあります。

ちなみに、ラウンド終了時にラクダを多く持っているプレイヤーは5勝利点を得ます。

 

④ 商品を売りその数の対応する勝利点チップを獲得する

f:id:ino1ban23:20160628233355j:plain

1種類であれば何枚でも同時に売ることができます。
高級な銀と金とダイアは2枚以上同時にでないと売れません。

 

ひとつの手番でたくさん売った方が効率が良いのはもちろんなのですが、

f:id:ino1ban23:20160628233435j:plain

3枚以上同時に得ることで、勝利点になるボーナスチップを獲得できます。4枚、5枚と多くなるほど点数も高くなりますが、裏面に記載されている点数にはバラつきがあり相手には公開されません。5枚同時だと10点とか平気であるのでかなり大事です。

 

できることはこの4種類のうちのどれかですが、胃が痛くなるほどではない、ほど良いジレンマに悩む場面が結構あります。

例えば次のような場面…

f:id:ino1ban23:20160624195625j:plain

手札が少ないので、大量にラクダが取りたいところですが、相手はラクダを多く持っているため、自分がラクダを取った直後に出てくるカードがいいものだった場合、それを次に取られ得点ゲットのチャンスを与えてしまう恐れがあります。

リスクを避けるには、相手の手札が多くあるときやラクダが少ないときは次に場にあるカードを取られにくいので、そのタイミングを狙うのが良いです。

または、次のような場面

f:id:ino1ban23:20160624195648j:plain

既に手札にある金と銀が場に出ているため、ラクダを交換に出してゲットできるチャンスです。

しかし、両方手に入れると手札が銀が2、金が2、布が2と全部売るには3手かかってしまいます。また、手札があと1つしか持てないため自由が利かなくなります。次に相手がラクダを取るチャンスを与えていることにもなります。

この場面では、布を2枚出して金と銀と一枚ずつ交換するのがいいかもしれません。

ラウンドの終了条件は山札がなくなった時か、商品チップが3種類なくなった時です。

また、商品チップは全ての商品カードの枚数-1となっているため、最後の商品カード一枚が余ってしまうとまったく売ることに意味がなくなってしまうので、掴まないようにするかまとめて売ってボーナスを得るための足しにするといいです。

 

○良い点
- インスト簡単
- コンポーネントも割とスッキリ
- 1ラウンド5分と短い
- 適度なジレンマ要素
- 適度な運要素
- 勝利点チップがカード枚数-1個なので、カードのカウンティングがしんどくない

 

●悪い点
- ラウンド終了ごとの勝利点計算とチップを並べ直すのが少し面倒
- コンポーネントがあんま魅力的でない、どこを見てもおじさんがいてくどい

 

総合評価 A++
8.5/10.0 

2人用ゲームとしては、軽さも面白さもピカイチです。

リソースのやりくりをすること、効率のいい一手を追い求めていくことが好きな人には特にオススメです。僕もそうでリピート欲はなかなか強いです。

価格も3,000円程で買いやすく、持っていて損はしないと思います。

あー、ジャイプりたい。

 

ジャイプル 日本語版

ジャイプル 日本語版